頬をふっくらとさせるために必要なこと

すっぽん小町,副作用

 

少々太っていることで、ダイエットをしてキレイなラインを作りたいという人は多いです。
しかし、ダイエットには成功しても、頬もこけてしまった女性も多いのではないかと思われます。
頬がこけてしまった後に、顔をふっくら見せられる方法はあるのでしょうか?

 

頬がこけてしまったらメイクで誤魔化す

女性の中ではメイクにチークを使用する人と、一切チークを使用しない人がいます。
ですが、頬がこけているのであれば、多少なりとも頬が膨らんで見えるように工夫をする必要があります。
工夫をしないことで、周りの人にも頬がこけたことに気づかれてしまう場合もあるのです。

 

メイク道具のひとつであるチークは、ピンク系の色でパールが入っているものを使うと、頬に立体感が出るようになります。
膨張色になっているピンク系の色は、顔の影によるくすみをカバーしたり、健康的で頬がこけてない印象を作り出すこともできます。
チークを入れる時は丸に描いた方が似合う人と、横に描いた方が似合う人がいます。
描き方は顔の形によって異なるため、自分に似合う方法で描いた方が良いでしょう。
チークを入れる時は、通常よりも大きめに入れるように注意しましょう。

 

ファンデーションでぼかしを入れる

頬のこけをなくす方法は、チーク以外にもあります。
チークを使ってメイクをすると似合わないという人もいますので、ファンデーションでぼかす方法もご紹介しましょう。
ベースになるファンデーションは1色で全体を塗り完成、という女性は多いと思います。
しかし、頬のこけが気になる場合は、顔が白くならない程度にファンデーションでぼかしていきましょう。

 

このように頬のこけをファンデーションで隠す場合は、ハイライトを使って顔のトーンをアップさせられるようにするのがポイントです。
顔にメリハリをつけてあげることで、エラを張っていたり、頬がこけているのを隠せるようになります。

 

頬のこけが気になり過ぎる人は、のっぺりメイクが一番おすすめ

頬がこけすぎている人というのは、あれこれメイクで工夫をするよりものっぺりメイクがおすすめです。
ファンデーションはワントーン明るめの色を使用して、頬の部分は明るい色のファンデーションでメリハリをつけ過ぎないように仕上げていきます。
頬のこけが気になり過ぎてしまう人でも、簡単にメイクでカバーできるようになります。

 

頬のこけをふっくらしているように見せるためには、メイクによる力が重要になります。
頬のこけはメイクで簡単に隠せるので、メイクを侮ってはいけません。
頬のこけはメイクで隠していても根本的に改善できるものではなく、最初はメイクになれるまで時間がかかってしまうこともあります。

 

ですので、根本的に改善をはかりながら、外出時はメイクで隠すようにした方が良いのではないかと思われます。
改善を図るには、表情筋を鍛えるといったことでも効果がありますので、改善法として役立ててみるのも良いでしょう。

 

すっぽん小町,副作用