頬のこけが嫌!顔をふっくらとさせる方法とは?

顔をふっくらさせる

 

無理な減量やダイエットをしてしまうことで、頬がこけてしまうのはよくあることです。
頬がこけてしまうと老化して見えてしまうこともあるため、これを改善したいという女性は多いでしょう。
頬がこけてしまった後に、頬をふっくらとさせる方法はあるのでしょうか?

 

・無理な減量やダイエットは頬がこけてしまう原因になる

女性はダイエットをすることで、魅力的でキレイさを表すことができると考えている人は多いです。
ですが、無理なダイエットをしてしまうことにより頬がこけて、美しさが出るよりも老けて見えてしまうこともよくあります。
体のどこから痩せるかというのは個人差がありますので、もともと細い人がダイエットをすると、頬から痩せてしまうことも十分考えられます。

 

 

また、頬から痩せやすい人や顔な形が面長の人の場合も、ダイエットをすることで頬がこけてしまうことがありますので注意しましょう。
頬がこけてしまうとみすぼらしく見えてしまったり、頬骨が気になるくらい出ることもあります。

頬をこのような状態にさせないためには、表情筋を鍛えながらダイエットを行うのがポイントといえます。

 

表情筋を鍛えるトレーニング

顔には表情筋というものがあり、顔で様々な表情を取ることで表情筋を鍛えられます。
表情筋を鍛えるには、口を大げさに動かすことが必要になり、表情筋が上手く動くようにゆっくりと行うことが大切です。
表情筋が鍛えられているか自分の感覚では分かりませんので、始めのうちは鏡の前で行うのが良いでしょう。
口を大きく開けた状態で、「あいうえお」を大きく口を開けて表現しながら発音していきます。

 

こうすることによって表情筋が鍛えられるようになり、頬のこけを改善することができるようになります。
さらに、頬に空気を吸い込み膨らませた状態で、その空気を上唇から右の頬、下唇から左の頬に移動させていきます。
1週したらこれを反対周りに行い、合計で10回程度行うようにすると、頬のこけを改善することも可能です。

 

 

この表情筋を鍛えるトレーニングは、できるだけ毎日行うようにするのがポイントです。
頬のこけは簡単に改善できるものではなく、改善に長期間かかると思っていた方が良いでしょう。
これらの表情筋を鍛えるトレーニングは、面倒だと思うこともあると思いますが、家事を行っている合間やテレビを見ている時間にもできますので、トレーニングとしての時間を設定する必要はありません。

 

これらのように、頬のこけは表情筋を鍛えるトレーニングで改善を図ることができます。
より効果的に行いたいのであれば、様々なトレーニング法を取り入れて改善を行った方が、効果が出てくるのではないかと思われます。

 

さらに、トレーニングを行っている間に外出をする時は、頬がこけているのが気になってしまうこともあります。
頬のこけが改善できるまでは、こけが目立たないようなメイクの方法で、隠しながらトレーニングを続けていくようにしましょう。

 

すっぽん小町,副作用