すっぽん小町がニキビに効く理由

すっぽん小町

 

ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れ・ストレス・食生活や、アクネ菌によるものと多岐にわたります。
これらの原因により、新陳代謝が低下してお肌の表面が固くなります。

 

お肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、古い角質が残ったままになり、毛穴に皮脂が詰まることでニキビが出来てしまうのです。

 

お肌はたんぱく質で出来ています。そのうち約70%がコラーゲンで、真皮(表皮を内側から支える)を構成しています。

 

 

そして、コラーゲンはアミノ酸から出来ています。
アミノ酸は、血液の循環によって各細胞に運ばれてお肌まで届きます。

 

 

 

血液中のアミノ酸が上昇すると新陳代謝が活発になり、アクネ菌により傷ついた部分の細胞を修復してくれます。そして、ターンオーバーを正常に戻し皮脂の代謝をスムーズにするので、ニキビの改善につながります。

 

 

そのためには、毎日欠かさず良質なアミノ酸を摂取することが必要となります。
良質なアミノ酸というのは、9種類の「必須アミノ酸」が均等に含まれているということで、これらは体内で作ることが出来ません。

 

 

 

ですから、食物からその分を補わなければならないのですが、毎日食物から良質なアミノ酸を摂取するには限界があります。
すっぽん小町には、アミノ酸の宝庫といわれる黒酢の、およそ91倍もの良質なアミノ酸が含まれています。そのため、すっぽんのコラーゲンは食べる基礎化粧品と言われているのです。

 

>>すっぽん小町の副作用と口コミをレポート!